SANI LESSONS
人物

cocomiのフルート受賞歴とその実力は?ディオールスカウトの理由も!

デビューと同時に世界的ファッションブランド「クリスチャン・ディオール」のジャパンアンバサダーに就任したり

3月28日発売の『VOGUE JAPAN』5月号の表紙に起用されたりと

何かと注目を集めている、木村拓哉さんと工藤静香さんの長女cocomi(ここみ)さん。

そんなcocomi(ここみ)さんのデビューのきっかけは

「フルート演奏」からのスカウトです!

今回は

cocomiのフルート受賞歴とその実力は?ディオールスカウトの理由も!

と題し、cocomi(ここみ)さんのフルートの腕前を調査していきます!

cocomi(ここみ)さんプロフィール

まずはcocomi(ここみ)さんのプロフィールをご紹介します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@cocomi_553_officialがシェアした投稿

【cocomiさんプロフィール】

名前:木村 心美(きむら ここみ)

生年月日:2001年5月1日

出身校:桐朋(とうほう)女子高校音楽科

大学:桐朋学園大学 音楽学科

好きなもの:漫画やアニメ、特に「鬼滅の刃」

夢・目標:プロの音楽家になること

cocomi(ここみ)さんとフルートの経歴は?

モデル、フルート奏者として活躍するcocomi(ここみ)さんは

3歳からヴァイオリンとピアノを、11歳からフルート演奏を習い始めました。

フルートは習い始めるきっかけは、もともと習っていたピアノの先生なんだそうです。

ピアノの先生の本業がフルートだったことや、cocomi(ここみ)さんがピアノをあまり得意としていなかったことから、フルートに切り替えたそうです。

約200万円の銀製のフルートを愛用し、自宅の地下にある防音のレッスン室で毎日のように練習をしていたようです。

また週の半分は先生を自宅に招いて、個人レッスンを受けていました。

お母様の工藤静香さんは本当は、先生に毎日レッスンに来て欲しかったと話していたり

『何事も本気で、やり始めたら絶対辞めるな』

『一番を目指せ』

が口癖だったそうで・・・

cocomi(ここみ)さんご本人はもちろんですが、お母様の工藤静香さんもcocomiさんのフルートのレッスンにはとても熱心にサポートされていたようですね。

cocomi(ここみ)さんの熱心な練習の成果と、才能と実力が伸びたことで、フルート演奏の腕前は学校のレッスン生のなかでも群を抜いていたそうです!

プロの音楽家になることを目指し音楽の名門校である桐朋女子高等学校を卒業後、

2020年4月からは桐朋学園大学 音楽学科に通っています。

桐朋学園大学は世界的に有名な日本人指揮者の小澤征爾さんや

ヴァイオリニストの高嶋ちさ子さんも卒業しています。

スポンサードサーチ

cocomi(ここみ)さんフルート受賞歴

そんなcocomi(ここみ)さんのこれまでの受賞歴をまとめました!

cocomi(ここみ)さんフルート受賞歴
  • 2013年 第23回ヤマノジュニアフルートコンテスト最優秀賞
  • 2018年 第73回全日本学生音楽コンクール入賞
  • 2019年 第74回全日本学生音楽コンクール入賞
  • 2019年 第2回日本奏楽コンクール準グランプリ
  • 2019年 日本奏楽コンクール管楽器部門1位
  • 2019年 フランス近代音楽賞受賞

まだお若いのに、様々な賞を受賞されていますね!

フルート演奏の実力があってこその受賞と言えそうですね。

このほかにもエマニュエル・パユのマスタークラスという、なんだかすごそうなクラスを修了しています!

cocomi(ここみ)さんのフルートの先生は

『一日たりとも練習を欠かすのはありえない』

という教えだったようで、旅行の時も部屋で練習するようにと、どこへ行くにもフルートを持っていかなければならないほどのフルート漬けの生活を送っていたそうです!

証拠に・・・笑

フランスパリの一室からのcocomi(ここみ)さんのフルート演奏の様子がこちら!

綺麗な音色ぉ〜♪

うっとりしちゃいますね!

こちらの動画は、フルート演奏がきっかけで

クリスチャン・ディオールのアンバサダーに就任し

パリに行った時のものなのですが、その際にもフルートを持参したいうことですね!

スポンサーリンク

ディオールスカウトの理由は?

さらっと言いましたが、cocomi(ここみ)さんはフルート演奏がきっかけでスカウトされて、モデルデビューをしています!

しかもスカウト元は世界的ファッションブランドのクリスチャンディオール!

クリスチャンディオールの関係者に目が止まるなんて・・・すごすぎますね!

デビューの契機になったのが、1月上旬、都内で行われたライブハウスでの演奏だったという。
「耳が肥えたお客さんが多い老舗のステージだったのですが、あるオーケストラグループのステージでCocomiさんが演奏していたんです。ディオールの関係者もその場に足を運んでいたようです。過去にもCocomiさんの演奏を聞きにきていたようで、その美貌と音楽性に目が止まり、オファーしたようです」(前出・ファッション誌関係者)
なるほど・・・
理由は、その美貌と音楽性に目が止まったそうです!
フルート演奏のその実力のみではなく、美貌がスカウトの理由でもあるのですね!
さらに同時期にはファッション誌『VOGUE』の表紙も飾っています!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vogue Japan(@voguejapan)がシェアした投稿

美貌とフルート演奏が目にとまり、スカウトされて、

世界的ファッションブランド「クリスチャン・ディオール」のジャパンアンバサダーに就任したり

『VOGUE JAPAN』5月号の表紙に起用されたり・・・

すごすぎます!

 

木村拓哉さん工藤静香さんの娘さんですから、美貌に目が止まるのは納得です!

サラブレッドですもの!

 

フルート演奏に関しては、やはりこのコンクール受賞歴が物語っているのでしょうか・・・

気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

スポンサードサーチ

フルート演奏の実力は?

フルート演奏力に関して、調べて見ると

cocomi(ここみ)さんも出場したフルート演奏のコンクールで審査員を務めた方の見解を聞くことができました!

cocomi(ここみ)さん出場コンクールで審査員の見解はこちら!

「彼女はまだ音楽家として大きな実績がありません。心美さんが昨年最高位をとられた『日本奏楽コンクール』というのは出来たばかりのコンクールです。審査員にもフルート専門の先生は少なく、フルート奏者として大きな実績とは言いがたい。

プロフィールにはエマニュエル・パユのマスタークラスを修了したとも書かれています。エマニュエル・パユは、ベルリンフィルハーモニー管弦楽団の首席フルート奏者で、素晴らしい演奏家です。しかし彼が日本で行っているマスタークラスはたいてい1日で終わる短期集中講座。これだけで彼女の実力を測ることは難しいでしょう。彼女はまだまだ若く、演奏家としてもこれからです。それだけに、いま持ち上げすぎるのは彼女のためにならない」

情報元:文春オンライン

 

この審査員の方によると、Cocomi(ここみ)さんは、

フルート奏者としてはまだ発展途上のようで、「音楽家」として報じるメディアの姿勢に疑問を感じているようなのです。

もちろんcocomi(ここみ)さんのこれまでの努力あっての数々の受賞ですので

実力があることは確かですが、フルート演奏の専門の方々から見ると、

現在cocomi(ここみ)さんのフルート演奏力は確実に成長中で、

これからも大学等でたくさん学び、「演奏家」として伸びていく

ということのようですね!

これから世界的なモデルの活躍とともに

音楽家としても飛躍していくcocomi(ここみ)さんに注目ですね!

スポンサーリンク

まとめ

以上、

cocomiのフルート受賞歴とその実力は?ディオールスカウトの理由も!

をご紹介しました。

  • cocomi(ここみ)さんは数々の賞を受賞している!
  • 実力はあるけれど、まだまだ成長中!
  • 美貌とフルート演奏が目にとまりディオールからスカウトされた!

ということがわかりました!

最後までご覧いただきどうもありがとうございました。