人物

滋賀県知事は鉄道運転士!西川貴教との意外な繋がりも徹底調査!

2020年4月10日の「ダウンタウンなう」に

西川貴教さんが出演します!

その中で、なんと滋賀県出身の

西川さんが滋賀県知事の座を狙っているのでは!?

という疑惑が浮上します。

 

現在の滋賀県知事である三日月大造さんの座を狙っているということ・・・

三日月大造知事のことが気になったので

調べてみたら、意外な経歴が判明したので

滋賀県知事は鉄道運転士だった?西川貴教との意外な繋がりも徹底調査!

と題してご紹介していきます!

滋賀県知事は三日月大造さん!

 

この投稿をInstagramで見る

 

三日月大造事務所(@taizo_mikaduki_office)がシェアした投稿 -

三日月 大造(みかづき たいぞう)滋賀県知事は

1971年5月24日生まれの滋賀県大津市出身の政治家です。

現在2期目の滋賀県知事を務めています。

学生時代

  • 大津市立日吉中学校
  • 滋賀県立膳所高等学校
  • 一橋大学経済学部

を卒業していますが

中学・高校時代は生徒会長を務めるなど

学生時代からリーダーシップを発揮していたようです。

スポンサーリンク

卒業後はJR西日本へ

大学を卒業後は、JR西日本に入社します!

地方勤務を希望したため、広島支社へ配属となり

山口県にある岩国駅で営業係として改札口に立っていたそうです。

1995年には阪神・淡路大震災の支援業務を希望し

兵庫県にある新長田駅と神戸駅の仮駅舎で2ヶ月間勤務しました。

 

その後運転士免許を取得して、1996年8月から一人乗務しましたが

将来的にはJR西日本では労務や人事部門へと進むことを希望していたそう・・・

そのためには経験を積む必要があると察していたため

広島運転所の運転士となり

山陽本線岡山駅・徳山駅間の運転をしていました

 

その後は広島支社営業課営業スタッフや

本社総合企画本部グループ経営推進室勤務等を経験後

2002年にJR西日本を退社し、松下政経塾に入塾します。

8年間JR西日本で勤務していたことになりますね。

 

そして2003年から本格的に政治活動を行うようになります!

スポンサーリンク

三日月県知事の任期は?

三日月知事は2014年7月より滋賀県知事を務めています。

第1期 2014年7月20日 - 2018年7月19日

第2期 2018年7月20日 - 現職

予想では・・・

2022年7月19日

が任期となるようです!

万が一、西川さんが狙うのであれば2022年以降になると

いうことでしょうか!笑

三日月知事がJR西日本職員から滋賀県知事になったように

もしかしたら西川貴教さんもミュージシャンから

滋賀県知事への道があるのかもしれませんね!

スポンサーリンク

滋賀県知事と西川貴教さんの繋がり

「滋賀県ふるさと観光大使」

2020年4月10日のダウンタウンなうで

放送されたように

西川貴教さんは滋賀県彦根市生まれであることもあってか

2008年から「滋賀県ふるさと観光大使」を務めています!

なんと、三日月知事が滋賀県知事になる前から

「滋賀県ふるさと観光大使」を務めているのですね!

そのため滋賀県知事ともご覧の様子です!

もうなんだかとても仲良しな感じになっていますね。

「イナズマロック フェス」滋賀県への寄付額は?

2009年9月からは西川貴教さん主催で

「イナズマロック フェス」が開催され、その後は毎年行われています。

2009年9月滋賀県にて、県下初となる大型野外ロックフェス「イナズマロック フェス」を開催。地域振興型の野外音楽フェスとして全国から注目を集める。

以後毎年開催し、滋賀県に大きな経済効果をもたらしている。

滋賀県公式サイトより

 

「ダウンタウンなう」内でも話題になっていますが

西川貴教さんが滋賀県へ寄付をしているそうなのです!

その額なんと!!!

300万円!!!

「滋賀ふるさと観光大使」を務めるミュージシャン西川貴教さんが7日、草津市の烏丸半島で毎年開催している「イナズマロックフェス2019」の収益から県に250万円、草津市に50万円を寄付した。

情報元:京都新聞

 

なんとなんと

調べてみたら西川貴教さん、それ以外にも滋賀県へ寄付しています!

軽トラック!!

地元の方からはかなり喜ばれていますね!

滋賀県民から支持されているのは確かなのかもしれません・・・

とにかく滋賀県知事と西川貴教さんは

素敵な絆で結ばれていることがわかりましたね!

スポンサードサーチ

まとめ

以上、

滋賀県知事は鉄道運転士だった?西川貴教との意外な繋がりも徹底調査!

をご紹介しました!

最後までご覧いただきどうもありがとうございました。

-人物

© 2020 SANI LESSONS