ケララ

インドにヨガ留学中に便利なのはキャッシュ?クレジットカード?

こんにちは!

インドヨガ留学をすることが決まったら、気になるのは現地での生活費等を現金で持って行くべきなのか、現金はあまり持たずにクレジットカードで済ませるべきなのか・・・

海外に行く時にはあまり現金を持たない方が良いような気もするし、かと行ってインドでクレジットカードを利用するのも心配な気もする・・・

今回は、南インドの【ケララ】へ1ヶ月間ヨガ留学をした私が、実際にどのように過ごしていたのかの経験をもとに、オススメな方法をご紹介します!

南インドケララの物価

インドは日本と比べ、かなり物価が安いです。

例えば、ちょっとお茶をしにカフェに行って・・・

チャイ ¥60

スムージー ¥250

アイスとケーキのデザート ¥300

みたいなイメージです。これはカフェでの価格なので、少し割高です。

日本でもカフェやレストランの方が、コンビニやスーパーよりも割高になるのと同じです。

現地のスーパーで日用品や食品を購入する場合はもっと価格が低いということになります。

スーパーでは・・・

インドのスナック一袋(中) ¥40〜60

インスタントコーヒー 10回分 ¥35

りんご 5個 ¥50

バナナ 5本 ¥50

トイレットペーパー 1ロール ¥60 (なぜかトイレットペーパーは割高でした笑)

のような感じです。

こちらも参考にしてみてくださいね!

キャッシュ

南インド【ケララ】では日用品を購入するような時はキャッシュで支払いを済ませる人がほとんどです。

というよりも、実際スーパーと言っても個人が経営するとても小さなマーケットのようなお店が多く、クレジットカードを使えないという場合が多いです。

少し大きいレストランやカフェでは、クレジットカードを使えるところもありましたが、ヨガ留学中に主にお世話になるのは、大きなレストランよりも小さなマーケットの方がメインになります。

また全体的な物価が安いため、持ち合わせるべきキャッシュもそんなに高額になることも考えにくいです。

以上のようなことから、

現地では主にキャッシュで生活することをオススメします。

クレジットカード

ではクレジットカードは必要ないかというと・・・

ぜひ持って行きましょう!

現地ではキャッシュ生活をオススメしましたが、

インドへのヨガ留学にかかる費用はどのくらい?徹底調査!

でご紹介したように、

例えば現地に行くまでの乗り継ぎの際に空港で預入荷物や持込手荷物の超過料金を支払う場合・・・

また現地で休日にオプショナルツアーに参加する場合など

予想外にまとまった金額を支払う必要が出てくる場合もありますので、そのような場合にはクレジットカードを利用することもできます。

また場合によっては乗り継ぎの場所がタイやシンガポール・・・などということもあり、インド以外の国で超過料金を支払うことになる場合もあります。

乗り継ぎの待ち時間に、ちょっと食事やお茶をしたい・・・ということもあるかもしれません。

乗り継ぎだけなのに、現地の通過持ち合わせていないですよね・・・!?もちろんその場で現地の通過に両替することも可能ですが、両替する時間や手間を考慮すると、このような時にはクレジットカードを利用した方が圧倒的に便利だと思います。

キャッシュやクレジットカードを持って行く時の注意点

キャッシュとクレジットカードをうまく組み合わせて持って行くことが良いということはおわかりいただけたかと思いますが、ここで注意点をいくつかお伝えします。

キャッシュは日本円を多めに持って行きましょう。

インドルピーに両替する分の予算+数万円は持つようにすることををオススメします。

現地の生活費が足りなくなってしまった場合、クレジットカードが使えないことも多いですので、その場合は現地で両替しましょう。

また両替したルピー及び、プラスで持って行く日本円は、

必ずそれぞれを2つ以上のお財布やポーチに分けて複数の場所で管理するようにしましょう。

これはとても大事なことです!!!

そのように管理することで万が一の場合に焦らずに対処することができます。

ケララ地方の治安はインドの中では比較的良いことはお伝えしましたが、

だからと言って、例えば起き忘れたお財布やバッグが中身もそのままに自分の元に帰ってくる・・・なんてことはほぼあり得ないでしょうし、それは日本でのお話です!

たとえインド内で治安の比較的良いケララに行く場合でも、持ち物や身の回り品には常に気を配り、絶対に置き忘れなどないように細心の注意を払うことは忘れないようにしましょう。

スポンサードサーチ

まとめ

  • ケララでのヨガ留学中にメインで使うのはキャッシュ
  • ただし予想外のまとまった出費がある場合もあるので、その場合はクレジットカードで対応すると便利
  • キャッシュが足りなくなってしまった時用に、予算以外に多めに日本円を持って行く

現地での、キャッシュとクレジットカードの便利な使い方がお分かりいただけましたか?

事前に予算をしっかりと計算すること、いざという時のためにクレジットカードと少し多めの日本円を持って行くことで、余計な心配をせずとも、快適なヨガ留学生活を送ることができますね。

ヨガ留学では本来の目的である『ヨガを学ぶこと』だけにしっかりと集中できる環境を整えて行きましょう!!

 

-ケララ

© 2020 SANI LESSONS