準備編

南インドヨガ留学へ持ち物は?【洋服・ヨガウェア編】

こんにちは!

日本は四季があり、季節によって着る洋服がかなり変わりますね。

ではインドはどうなのでしょうか??

しかもただの観光ではなく、ヨガ留学!!!そして1週間ではなく、約1ヶ月!!!

どのような洋服やヨガウェアを持っていけば良いのか・・・今日はそんな疑問にお答えします!!

ちなみに私は【南インド】へヨガ留学しましたので、その経験をもとに、お伝えしていこうと思いますので参考にしてくださいね!

乾季?雨期?気候は?

南インドの気候に四季はありませんが、1年を乾季と雨期の2つに分けることができます。

年間を通して30度前後を保ち、インドの中では比較的過ごしやすい場所と言われています。

【乾季 11月ー3月】

気温は30度前後、ほとんど雨も降らず、過ごしやすい

【雨期 4月ー10月】

乾季の気温+雨

 

ということで、

南インドへ行く時期によっての違い

乾季か雨期か

と言うことになります。

雨期は、一日中雨というわけではなく、日中は乾季のように晴れている・・・と思ったら突然大雨!!しかもバケツをひっくり返したような!!ということが多いです。

また南インドへヨガ留学をする場合でスクール施設が海沿いにある場合、

【雨期による湿気+海からの湿気】

とダブル湿気となるため、かなりの湿度になります。

また過ごしやすい気候ではありますが、やはり朝晩は肌寒いこともありますし、特に雨期には雨が降り急に気温が下がることも少なくありません。

このようなことを考慮した上で、持ち物(洋服・ヨガウェア)を選択していく必要があります。

持って行くべき洋服等とヨガウェア

ヨガウェア

ヨガ留学中はほぼ毎日、しかも早朝から夜まで・・・ヨガポージング(アーサナ)と座学と呼吸法などのトレーングを受けることになります。

ですので、基本ヨガウェアで過ごすことが多いです。スクール施設によってはウェア(Tシャツやユニフォームのようなもの)を渡されるところもあるようです。

【日本から持って行くべきヨガウェア】

Tシャツやヨガ用スパッツ等ヨガをするのに動きやすいウェア

を多めに持っていく。

長袖も持ちましょう。

・・・以上(笑)!!

そうなんです。これだけなんです。ただとても注意してもらいたい点があります!!!

それは・・・速乾性素材のものを持って行くということです。

先ほどお伝えしたように、特に雨期には湿度がかなり高くなる上、ヨガのトレーニングで汗だくになり、次の授業の前に着替えて・・・午後の授業でまた汗かいて・・・という状況になるのがインドヨガ留学です。

速乾性素材のものを着用することで、現地でのトレーニング中の過ごしやすさがかなり変わってきます。

また洗濯の乾きにも大きな影響があります。日本でのあのジメジメした梅雨の時期の洗濯物を思い出してみてください・・・

雨の影響で外に干すことができない→仕方なく部屋干し→湿度が高くなかなか乾かない→生乾きの悪臭発生。。。

南インドの雨期(特に海沿い)は日本の梅雨同等またはそれ以上の湿度になりますので

「速乾性素材のヨガウェア」にはぜひこだわって持っていってほしいと思います。

乾季に行くとしても、速乾性素材のものを持って行って、汗や洗濯物が早く乾くに越したことはありませんね!!

また、ヨガ留学での現地トレーニングはほとんどの場合、早朝5時や6時から授業を開始するところが多いかと思います。また早朝は呼吸法や瞑想の練習など、大きく体を動かすと言うよりも、座って集中して・・・という授業になるかと思います。

いくら年間を通して30度前後と言っても、やはり早朝の太陽が出る前は肌寒いことも多いですので、長袖も忘れずに持っていきましょう。

なお、「現地での購入すればいいや!」という、日本に住んいる感覚で行くと痛い目に会いかねませんので注意が必要です。あなたがヨガ留学をする場所にもよりますが、運よくヨガウェアを売っているところがあったとしても、日本のように多種多様なデザインや素材はありませんので、速乾性素材のものを現地で見つけるのはかなり至難の技です。

ぜひ日本から持っていくことをオススメします。

洋服

ヨガトレーニング中以外の時に着用する洋服です。

イメージとしては・・・

  • トレーニング後の夕飯を仲間と一緒に食べる時
  • 1日のトレーニングが終わりお部屋でリラックスをしている時
  • 休日ちょっと足を伸ばして仲間と観光に行く時
  • ちょっとお茶しに近くのカフェに・・・

なんて時に着る洋服です。

これは【動きやすいもの】【汚れても良いもの】をオススメしますが

他に特に気をつけるべきこととして

露出の多くないもの

を持って行く方が無難です。とにかく1ヶ月過ごす場所は日本ではないということ。場所が変われば環境も全く変わります。日本では当たり前のことも、場所が変われば当たり前ではなくなることもたくさんあります。

ヨガ留学のスクール施設には様々な国からの生徒がやってきます。そこまでナイーブになる必要はないと思いますが、世界中には様々な理由で露出を嫌う方々もたくさんいるということを忘れないでほしいと思います。

履物

ビーチサンダル

スニーカー

動きやすい靴やサンダル

があると便利です。特に雨期に行く場合・・・道が水に浸かったような状態になることもあり、現地の方々や講師の先生たちもみんなビーチサンダルやサンダルで毎日を過ごしていたというほど、とにかくビーチサンダルは必須です!!

スポンサードサーチ

まとめ

ヨガ留学への持ち物【洋服・ヨガウェア】は・・・

  • 南インドには乾季と雨季があり、年間を通じて30度前後。どの時期にヨガ留学に行くにしても、速乾性素材のヨガウェアを!
  • 長袖も忘れずに!
  • 動きやすく、汚れても良い、露出の少ない洋服を!
  • 動きやすい靴+ビーチサンダルを!

インド内は行く場所により気候が大きく異なりますので、事前によく調べ行く場所の気候にあったものを持って行くようにしましょう。

インドの気候と降水量

またヨガ留学は比較的長い期間その土地に滞在しながら、「本場インドのヨガを学ぶ」ために行くわけですから、しっかりとその土地の文化や習慣を尊重し、お世話になる方々や仲間とともに心地良い生活ができるような洋服・ヨガウェアを持って行くように心がけましょうね!

 

-準備編

© 2020 SANI LESSONS